家にいるだけで何でもお取り寄せ!寿司も食器も雑貨まで!

高齢者の人口増に比例して、自宅をバリアフリー・介護リフォームする人も多いのですが、
コツはズバリ入念な計画。
必要不要、資金計画、信頼できる業者の選定など、
しっかりと計画さえすれば後は業者に任せるだけです。
私の友人に最近祖母と同居する事になった人がいて、
介護は必要ないけど、その祖母は通販が大好きで、
食材や日用雑貨以外にも、世界中の珍しいものを何でもお取り寄せ!
寿司までお取り寄せしてたのにはさすがに驚いたそうです。
その祖母は家から一歩も出ないので、
いずれ介護リフォームも必要になるかもと友人は嘆いています。

キューバツアーに行く前にバリアフリーの介護リフォームをしておく

カリブ海に浮かぶ常夏の島、キューバ島を中心とした島々からなるキューバ共和国。
近年は様々な旅行会社がキューバツアーを企画し、人気を博しています。
しかし地理的にはほぼ地球の裏側に位置するため出かける場合は長期間家を開けることになり、
家の管理やペットの世話が問題になります。
また、特に身体の不自由なお年寄りが居るお家の方はケアマネージメント施設や、
ヘルパーさんに依頼する必要があるでしょう。
そのような場合に備え、予め必要な部分をバリアフリー化しておくのがお薦めです。
こうすると普段の介護が楽になるだけでなく、被介護者にとっても、
ヘルパーさんにとっても介護のし易い環境になります。
なお、介護リフォームをする場合、通常のリフォーム業者ではなく、
介護、バリアフリー対策を得意とする施工業者に依頼することがコツです。
沢山の介護リフォーム経験から適切な提案をしてくれる上、
介護リフォーム特有の設計を熟知しているので、
施工から完成までスムーズに終えることが出来ます。

音楽スタジオを東京に作る際にはバリアフリーのスタジオにする

ボブ・ディランがノーベル文学賞を取って、やっぱり音楽の力はすごいんだなって思う今日このごろです。
そういえばパラリンピックも同じ年に開催されていて、
音楽の場にもバリアフリーは必要なんじゃないかと思い始めました。
音楽スタジオを東京のようなたくさんの人が集まる場所に作るのなら、
バリアフリーは欠かせなくなるんじゃないでしょうか。
誰でも楽しめるのが音楽の特権です。
そんな素晴らしいスタジオを作るコツは、バリアフリーや介護リフォームを専門にしている業者に
見積もってもらうことですね。
音楽スタジオを東京に建てることは、音楽に関わる人たちにとっての大きな夢のひとつですが、
何事にもコツが必要です。
老若男女、誰が来ても楽しめる場所になるといいですね。

子育てにも介護にもママバッグ

子育て時に購入したママバッグが今は介護の場で活躍しています。
実家の倉庫にしばらく不要なものを預けておこうと
段ボール何箱分かを持って行ったのですが、
使う予定のないものは処分するかあげるかなどの選択もありかと思って、
母にも見てもらったところ、ちょうど介護の現場で働くいとこに
ママバッグをあげたら喜ぶんじゃないかとの話になりました。
他にもいくつかみつくろって帰りに届けたらすごく喜んでくれてよかったです。
お礼に今度介護の現場についていろいろ教えてくれるそうです。