流体解析で介護リフォームのコツを掴めた

流体解析をするようになってからは、介護リフォームのコツまでつかむことができたので
色々なところに応用がきくものだなと少し驚いてしまいました。
流体解析とバリアフリーに関しては直接影響がないのですが、
なぜそうなるのかという考える力というのはどのようなものであっても通用するものであり、
それが介護リフォームにも活かされることになったのです。
普段とは全く別の視点から考える力を身につけることができたので、
高齢者の目線から見てどのようなところが使いづらくて不安を感じるのかということを
客観的に考えることができるようになりました。
そのおかげで介護リフォームもいい感じで仕上げることができ、
誰もが使いやすい建物にすることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です