青山の結婚相談所はバリアフリーな作りになっている

バリアフリーの建物が増えてきたのですが、
今回は青山の結婚相談所がバリアフリーになっていることに気が付きました。
これからはどんなところでも介護リフォームをしたほうがよさそうですね。
バリアフリーになれば多くのお客様を迎えることができて、それだけ市場が広がっていきます。
多くの人を迎えるための施設であれば、ニュースにもなりますしパブリシティ効果も期待できます。
こうして、介護リフォームにかける費用にレバレッジをかけるのがコツです。
単純にリフォームをするのではなく、そのリフォームが広告を兼ねるようにするのです。
優秀な経営者はそのようにして自らのビジネスを拡大させています。
青山の結婚相談所がその一例だったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です